サプライの取り扱い技工物

  • ジルコニア
  • オールセラミックス
  • メタルボンド
  • ハイブリッドセラミックス
  • 前装冠
  • インプラント上部構造
  • 金属床
  • ノンクラスプデンチャー
  • 保険適用義歯
  • スリープスプリント
  • アヴェオTSD
  • e-max

ジルコニア

主原料である酸化ジルコニウムにイットリウム(Y203)などの材料を加えて作られたセラミックスで、白色の個体で通常のセラミックス(約60~90Mpa)と比べ、約10倍(約900~1,200Mpa)もの曲げ強度を持っています。

日本では2005年に認可が取れて以来、需要が高まっていますが、ジルコニアでの治療はまだ歯科補綴治療のわずか4%です。一方、アメリカではすでに35~40%がジルコニアでの治療になっています。

特徴
強度 従来のセラミックスの約10倍もの曲げ強度があり、金属と同等の強度を誇る。ロングスパンブリッジも可能。口腔内で圧力がかかりクラックが入ってしまった場合、ジルコニア自体の結晶構造が膨張変化し、クラックの拡がりを防ぐため破折しにくい。
重さ 金属の約1/3の重さなので、歯にかかる負担を軽減できる。
生体親和性 金属を使用しないため生体親和性がよく、金属アレルギーの患者様でも適用できる。口腔内で腐食することがないため、経年により黒くなることがない。
審美性 従来のセラミックスに比べて透明性は低いものの、光の透過性が高いため、天然歯のような自然な色調を再現できる。

ジルコニアのデメリットは、従来のオールセラミックスに比べて若干割高であること。また、非常に稀ですが、ジルコニアフレームが破損しなかったとしても、ジルコニアフレームの上に築盛された陶材が剥離したり、破折したりする可能性はあります。

ジルコニア4本ブリッジ(唇側) ジルコニア4本ブリッジ(内面)
ジルコニア4本ブリッジ(唇側) ジルコニア4本ブリッジ(内面)
ジルコニアの上顎前歯の4本ブリッジ。ジルコニアフレームの上にポーセレンを盛ることにより天然歯に近い透明感を再現しています。メタルと違って光の透過性があるため、光を遮ることがなく、美しい歯に仕上がります。

オールセラミックス

金属を一切使用しないため、生体親和性に優れ、審美性が高く、天然歯のような美しさを再現することが可能です。材料には、ジルコニアやセラミックス(IPS e.max)などが使われます。オールセラミッククラウンはセラミックスだけで作られたクラウンで、天然歯に近い色合いが出るため、前歯や小臼歯によく使われます。
オールセラミッククラウンに使われる主な素材

ジルコニア

ジルコニア

■ 特徴

  • 耐蝕性に優れている
  • 耐久性に優れている
  • 金属不使用のため安全性が高い
  • 天然歯に近い色が出せる

アルミナ

アルミナ

■ 特徴

  • ジルコニアほどではないが十分な強度がある
  • 金属不使用のため安全性が高い
  • 自然な色を再現できる

二ケイ酸リチウムガラス含有セラミックス(e.max)

二ケイ酸リチウムガラス含有セラミックス(e.max)

■ 特徴

  • 咀嚼運動による疲労耐性が高い
  • 金属不使用のため安全性が高い
  • 曲げ強度に優れている

【IPS e.max】

IPS e.maxのオールセラミックス治療とは、歯の表面を全体的に削り、そこにセラミックのクラウンを被せたり、詰めたりする方法です。歯の色や形、大きさや並び方などをご希望に合わせて再現することが可能です。また、金属をまったく使用しないため光の透過性を損なうことがなく。天然歯に限りなく近い質感と美しさを再現できます。

メタルボンド

中身に金属を使用し、見える部分に陶材(セラミックス)を用いた強度・審美性ともに優れた技工物。セラミックスは着色や経年による色の変化がありません。メタルフレームを使用するため、光の透過性はオールセラミックスより劣ります。
「フレーム」、陶材(セラミックス)焼き付け前 陶材焼き付け後内面
「フレーム」、陶材(セラミックス)焼き付け前 陶材焼き付け後内面
メタルフレームの上に歯牙色である白い陶材(セラミックス)を焼き付けることにより、強度に優れ、なおかつ天然歯に近い白い差し歯ができあがります。
メリット デメリット
  • フレームがメタルのため強度があり、奥歯など噛み締めが強く、強度が必要な部位にも使用できる
  • 表面に陶材(セラミックス)を使用しているため、前歯など審美性を要求される部位にも使用できる
  • 経年や吸水による色調の変化がない
  • 強度があるため、臼歯部へのロングスパンブリッジにも対応可能
  • フレームに貴金属を使えば、金属アレルギーを軽減できる
  • 金属が溶け出すことにより、金属アレルギーが起こるリスクがある
  • 金属が溶け出すことによって、歯肉が黒ずむことがある
  • フレームのメタルが光の透過を遮るため、オールセラミックスに比べると審美性・透明性に劣る
  • 歯や歯肉が黒ずんで見えることがある

ハイブリッドセラミックス

陶材(セラミックス)とレジンを混ぜた素材。オールセラミックスのような硬さがないため、対合歯を傷つけにくいのが特徴です。ただし、レジンが含まれているため、経年や吸水による色調の変化が見られます。また、やわらかいため、オールセラミックスに比べ摩耗しやすいという欠点があります。金属を使用しないため、金属アレルギーの患者様にも安心してご使用いただけます。
メリット デメリット
  • 天然歯のような色調で見た目がいい
  • 金属を使用しないため、金属アレルギーの心配がない
  • やわらかいので対合歯にダメージを与えない
  • オールセラミックスに比べ安価
  • オールセラミックスに比べ、審美性と強度の面で劣る
  • 経年や吸水よって変色する
  • すり減りやすい
当技工所のハイブリッドセラミックス

当技工所では、以下のハイブリッドセラミックスを取り扱っております。

  • GRADIA
  • GRADIA FORTE
  • CERAMAGE
  • シンフォニー
ラミネートベニア

下記のようなラミネートベニアも製作できます。

前装冠

中身は金属で、外側の見える部分のみに硬質レジンやハイブリッドセラミックスを築盛してできた被せ物。ハイブリッド前装冠はすべて自費、硬質レジン前装冠は、前歯でも奥歯でも治療できますが、前歯は保険適用、奥歯は自費診療になります。
ハイブリッド前装冠

中身はメタルで、外側の見える部分のみにハイブリッドセラミックスを築盛して作る被せ物です。ハイブリッドセラミックスは、透明感ではオールセラミックスに劣りますが、天然歯のような色を再現することが可能です。ただし、レジンを含有しているため、吸水や経年による色調の変化が見られます。

ハイブリッド前装冠(舌側) ハイブリッド前装冠(内面)
ハイブリッド前装冠(舌側) ハイブリッド前装冠(内面)
メリット デメリット
  • 隣の歯と同じような色調を得ることができる
  • レジンに比べ強度に優れているため、破折しにくい
  • セラミックスを含んでいるため、硬質レジンに比べ変色しにくい
  • 前歯は保険で治療でき、オールセラミックスやメタルボンドに比べ安価
  • 透明性・審美性に劣る
  • 吸水や経年による若干の変色やツヤの消失が見られる
  • 若干摩耗しやすい
  • フレームにメタルを使用するため、金属アレルギーが起きることがある
  • 舌側は金属が露出しているため、口を大きく開けたときに金属が見える場合がある
  • メタルフレームを使用するため、歯肉が黒ずんで見える
  • 比較的新しい治療のため、予後のデータが少ない
硬質レジン前装冠

中身はメタルで、外側の見える部分のみにレジンを築盛して作る被せ物です。前歯は保険適用で安価に治療できますが、奥歯は保険適用外で自費診療となります。

硬質レジン前装冠ブリッジ唇側(保険適用) 硬質レジン前装冠ブリッジ内面(保険適用)
硬質レジン前装冠ブリッジ唇側(保険適用) 硬質レジン前装冠ブリッジ内面(保険適用)
硬質レジン前装冠ブリッジ頬側(自費) 硬質レジン前装冠ブリッジ内面(自費)
硬質レジン前装冠ブリッジ頬側(自費) 硬質レジン前装冠ブリッジ内面(自費)
メリット デメリット
  • 歯の色に近い白い材料のため、見映えがいい
  • 前歯は保険適用のため安価
  • メタルフレームのため、耐久性と強度がある
  • オールセラミックス、メタルボンド、ハイブリッドセラミックスに比べ審美性に劣る
  • 奥歯は自費診療のため治療費が高い
  • 吸水や経年による変色が見られる
  • 傷が付きやすくすり減りやすい
  • 舌側は金属が露出しているため、口を大きく開けたときに金属部が見える場合がある
  • フレームにメタルを使用するため、金属アレルギーが起きることがある
  • メタルフレームを使用するため、歯肉が黒ずんで見える場合がある

インプラント上部構造

歯科インプラント治療は、欠損した部位の骨にドリルで穴を空け、生体親和性の高いチタンなどでできたインプラント体(フィクスチャー)を埋め込み、その上に上部構造である歯をセットします。審美性や噛み心地など、長期安定性に優れた治療法です。
症例
straumann(ITI)上部構造(ジルコニア連結冠)セット前 straumann(ITI)上部構造(ジルコニア連結冠)セット後
straumann(ITI)
上部構造(ジルコニア連結冠)セット前
straumann(ITI)
上部構造(ジルコニア連結冠)セット後

金属床義歯

床の部分が金属でできた義歯。上顎では粘膜の部分、下顎では舌の周りに触れる部分に金属を使用しています。使われる金属は、チタンをはじめ白金加金、金、コバルトクロムなどが主流です。

金属床義歯は薄く製作できるため、口腔内の違和感を軽減できます。また、金属は熱伝導率が高いため、食べ物や飲み物の温度が伝わりやすく、おいしく食事をすることができます。なお、部分義歯の場合は残っている歯にバネをかけますが、金属床は上部でたわまないため、残存歯への負担も軽減できます。

メリット デメリット
  • レジン床の約1/3の薄さで製作できるため、口腔内の違和感が少ない
  • 薄く製作できるため、咀嚼・発声がしやすい
  • 食べ物・飲み物の温度が伝わりやすいため、おいしく食事をすることができる
  • 部分義歯の場合、残存歯にバネをかけるが、丈夫でたわまないため、残存歯への負担を軽減できる
  • 維持部分が金属のため、変形しにくい
  • 汚れが付着しにくい
  • 金属が溶け出すことにより金属アレルギーが起こる可能性がある(チタン床を除く)
  • 丈夫なため、壊れたときの修復が困難
  • 自費のため費用が高い
チタン床について
チタンプレート チタン床義歯完成
チタンプレート チタン床義歯完成

チタンは、コバルトクロムや金合金よりも軽量で、生体親和性に優れ、金属アレルギーのリスクもない金属です。金属の味もほとんどせず、温度が伝わりやすいので食事をおいしく楽しむことができます。また、強度に優れ、たわむことがないため薄く製作できます。

ノンクラスプデンチャー

維持装置に金属を使用しない審美性に優れた義歯(咬合力の負荷を避けるため、見えない部分に金属を使用する場合があります)。残存歯に金属の留め金をかけて維持させる従来の義歯の場合、健康な歯を削る必要がありましたが、ノンクラスプデンチャーは金属の留め金を使用しないため、健康な歯を傷つけることはありません。また、金属を使用しないことで薄く製作できるため、装着時の違和感も軽減できます。

なお、ノンクラスプデンチャーの耐用期間は約3年です。材質によっては修理が困難もしくは不可能な場合があります。

メリット デメリット
  • 金属のバネを使わないため、見映えがいい
  • 残存歯を傷つけるおそれがない
  • 軽く薄くでき、口腔内の違和感を軽減できる
  • 金具が歯茎に当たって痛むことがなく、しっかりと食べ物を咀嚼できる
  • 破折したりヒビが入ったりすることが少ない
  • 金属アレルギーの方でも使用できる(症例によってはレストに金属を使用する場合がある)
  • 安定感があるため、咀嚼・発音の機能回復を図れる
  • 自費診療のため治療費が高い
  • 修理、リベース(新しい材料に取り替える)およびリライニング(新しい材料を裏付けする)が困難
  • 材質がやわらかいため、歯ブラシで磨くと細かい傷が入り、細菌の付着や着色の原因となることがある
  • 耐用年数が約3年と短い
当技工所のノンクラスプ用樹脂

当技工所では、以下のノンクラスプ用樹脂を取り扱っております。

  • エステショット
  • バイオプラスト
  • バイオトーン
  • ルシトーンFRS

保険適用義歯

自費の入れ歯よりも安価で作製でき、割れたりした場合でも比較的容易に修復できます。
SSD-SUPPLY Strength Denture

樹脂との結合部に補強用スケルトンを使用した義歯。薄くコンパクトに仕上がり、装着感がいいのが特徴です。

 
A-1 Adapt ONEpiece Denture

シンプルな設計で、軽量かつ丈夫に仕上がる義歯です。リーズナブルに製作できるのも特徴です。

 

スリープスプリント

睡眠時に起きるいびきや睡眠時無呼吸症候群を軽減するためのマウスピース。睡眠時に装着すると下顎が前に出ることにより、舌根の気道への落ち込みを防ぎ、いびきを軽減できます。スリープスプリントには、上下一体型のものだけでなく上下別でソフトタイプもあります。噛み合わせなどによって、どのタイプにするか決定します。
メリット デメリット
  • 他のいびきや睡眠時無呼吸症候群の治療方法に比べ安価
  • コンパクトサイズのため、旅行のときなど持ち運びに便利
  • 手術など大きい治療が必要ない

■ 使用が困難な方

  • 重度のいびき・睡眠時無呼吸症候群の方
  • 残存歯が少ない方
  • 顎関節に問題がある方
  • 18歳未満の方

スリープスプリントは、睡眠検査の結果、睡眠時無呼吸症候群と診断され、医師の紹介状があれば保険適用となります(その他の場合は自費診療)。

アヴェオTSD

いびき・閉塞性睡眠時無呼吸症の予防のため、上気道を拡げる用具として開発された一般医療機器(気管拡張器具)。内側に舌前部を入れ、陰圧を利用して舌前部を保持します。これにより、睡眠時に舌根が喉の奥に落ち込むのを防ぎ気道を拡張します。
特徴
  • 違和感は比較的少なく、1週間程度で慣れる
  • 義歯を使用してもしなくても(歯がなくても)使用できる
  • 大きい治療や歯の型を採ることがなく、そのまま直ぐに使用できる
  • 使用方法は非常に簡単で、携帯にも便利(XS,S,M,Lの4サイズ)
症例
アヴェオTSD装着前 アヴェオTSD装着後
アヴェオTSD装着前 アヴェオTSD装着後
装着前は舌根が喉奥に落ち込み、気道が狭くなって空気の通り道を塞いでいます(写真左)。これがいびきや閉塞性睡眠時無呼吸症の原因となります。装着後のMRIでは、アヴェオTSDが舌前部を保持し、舌根の落ち込みを防いでいます(写真右)。その結果、気道が拡張され空気が通りやすくなり、いびきや閉塞性睡眠時無呼吸症の改善に繋がります。
使い方
アヴェオTSDの筒先部分を指で軽く押し、舌前部を筒先に挿入し、陰圧により舌先部分を保持します。 アヴェオTSDの筒先部分に舌前部が保持されています。これにより睡眠時に舌根が喉奥に落ち込むことを防止します。

e-max

e-max 「e-max」とは、ニケイ酸リチウムガラスセラミックをプレス成形したオールセラミックスです。400Mpaの高い硬度(一般的なセラミックスは80~120Mpa)による耐久性と天然歯のような自然な審美性を再現することが可能です。また、金属を使用していないので、金属アレルギーの方でも装着することができます。

歯科医院様と技工所様をつなぐお手伝い サプライへのお問い合わせはこちらから TEL:03-3970-0670

  • ページの上部に戻る